新型コロナウイルス感染症防止対策の上の大会開催となります。関係者の方々はご協力をよろしくお願いいたします。

ゲームレポート【試合レポート】東日本5位決定戦 結果レポート

【試合レポート】東日本5位決定戦 結果レポート

全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権大会。東日本第5代表決定戦結果例年なら宮城県の仙台育英学園の参加もあるのが普通なのでが今年は2部優勝1部ベスト6(秋季リーグ)の2校が参加し15分ハーフの総当たり戦が3月27日三浦潮騒スポーツ公園多目的グラウンドで実施された。

参加校  

2部1位 都立町田総合高校・トキワ松学園&国本学園合同(Herties&Victolax 略して H&V)

1部Best6 埼玉県立伊奈学園総合高 (Grasshoppers)           

目白研心中高  (White Eyes)

結果

HOMEAWAY結果勝利チーム
GrasshoppersH&V7 – 2  Grasshoppers
GrasshoppersWhite Eyes2 – 9White Eyes
White EyesH&V18 – 0White Eyes


White Eyes 目白研心が初の全国大会出場を決めた。特にパスを引き出す動きが上手かった目白研心は、秋のリーグ戦時よりも進化をしていたと見て取れる。全日本選手権で日大中高に通じるのか楽しみである。

ゲームレポート by こぶ平

第1試合 

H&Vのエース Hの10番のドローからの崩しで リードを奪うが中盤での伊奈学園総合の厳しいチェックに、徐々に動きが封じられた中反則を受けた10番が足を痛め万事休した。果敢な攻めも単発となり後半は得点はなかったが、3校の合同チームとして初めて第5代表決定戦に進出し、全国経験校を追い詰めた戦いぶりは称賛されて然るべきだ。


第2試合 

目白研心は初の全国大会挑戦に硬さの目立った立ち上がり、伊奈学園のプレスに下がり気味から反則FSで2点を奪われる展開となった。そして、エースの56番が徹底マークを受ける苦しい展開。その意味では、伊奈学園の狙った展開に持ち込まれた。その苦境を救ったのは16番のパスを受ける動きだった。その動きの理解が目白研心のすべてだったと思う。伊奈学園ゴール前WE56番に惹かれる中センターサークルでフリーを取った16番の反転ショットがブレイクすると、コンビネーションパスでの得点が続き、前半で逆転。終われば9得点連続で、全国経験校の伊奈学園に快勝した。

第3試合 

エース10番をけがで欠いたH&V合同チームに抵抗力は残っていなかった。最後まで1点を取りに行く72番や必死でゴールを守り続けた22番(恐らく1試合で10セーブぐらいだったはずだ)、懸命にベンチの
車いすから応援を続けた10番とともに、春の大会で又見たいチームであった。目白研心は18点を10人ぐらいで上げたか?29日の試合に向けて絶好の試練の場となったはずだ。
目白研心中高は初めての全日本選手権に臨む。相手は優勝候補1番手の日大中高。この試合の経験を生かしてひるまず向かっていく事こそが’鍵になる。


さあ、楽しむぞ!全日本中学高校女子ラクロス選手権!

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。* の項目は必須項目となります。

関連記事